Uターン後の田舎生活をつらつらと綴る報告書
| Login |
2017年07月16日 (日) | 編集 |
梅雨も明けていないのに・・・
予想以上に天気に恵まれています。

DSC02646_convert_20170723084349.jpg

早めのお昼ご飯をいただきます。
揚げ茄子の上に鰻がのっています。
やはり、おいしい!

DSC02670_convert_20170723085930.jpgDSC02691_convert_20170723090621.jpg
DSC02698_convert_20170723092021.jpgDSC02699_convert_20170723092129.jpg

唐津に入る時は海上保安庁の船に先導され、
岸壁の前で180度反転し、接岸位置を数十センチ単位で調整する
由良船長の技を堪能しました。

唐津駅までは無料のシャトルバスを利用して、曳山を見に行きます。
駅からは地図を片手に歩いて唐津神社に向かいます。

DSC02707_convert_20170723093626.jpg

お参りした後に展示場に入ります。
ここに14台の曳山が格納・展示されています。
一番人気の「鯛」は修理中のため、さらに歩いて西の門館へ見に行きます。

DSC02728_convert_20170723095011.jpg

(展示場で盗み聞きしたガイドさんの説明)
山は「乾漆」という技法で作成されています。
使用される漆は、水・油・熱にも強い抜群の塗料ですが、
唯一紫外線には弱く、陽の下では急速に劣化が進むそうです。
維持費も高く、国からも補助金は出るものの、
2年に1台(1台あたり28年に1回)しか塗り替えができないそうです。

DSC02714_convert_20170723100418.jpg

(例)
七番曳山「飛龍」です。
尻尾の部分だけ塗り替えをしてきれいですが、
その他は何もしていないので劣化した状態です。

DSC02734_convert_20170723121631.jpg

佐賀ラーメン「きあげ」
駅にあるお店の前には佐賀ラーメンNo,2と書いてありました。
気になっていたので、豚骨醤油味・バリ固細麺を、帰りに食べました。

DSC02745_convert_20170723131536.jpg

花火があるので、早めで軽めの晩御飯をいただきました。
この日のテーブルは、小笠原の話、海が時化た時の話、海鳥の生態の話・・・
とても楽しくて、泡・白・・・よく飲んでしまいました。

DSC02785_convert_20170723130601.jpg

そして、小一時間、今年最初の花火を楽しみました。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック