Uターン後の田舎生活をつらつらと綴る報告書
| Login |
2017年07月15日 (土) | 編集 |
「ぱしふぃっく・びいなす」初乗船です。

DSC02321_convert_20170720044853.jpg

海峡通過や下関への寄港は多いはずなのに・・・
これまで一度も乗ったことがありません。
今回のテーマは、帆船パレードを船から眺めることですが、
地元の関門海峡を2度通過するので、このプランを選びました。

DSC02333_convert_20170720055633.jpg

救命胴衣を着る機会なんてないので、うれしくて笑っています。
まわり全てがオレンジ色になって、臨場感のある避難訓練です.。

DSC02347_convert_20170721053226.jpgDSC02351_convert_20170721052904.jpg
DSC02349_convert_20170721054007.jpg

銅鑼が鳴ります。
森ちゃんが「ハッピー」と言うと、お客様が「セイリング」と返します。
由良船長が汽笛を鳴らして出港します。
ボートデッキはバンドの音楽とともにダンスタイムになります。
この感じは「ぱしふぃ」独特です。

DSC02359_convert_20170721054516.jpg

ポートターミナル西側を離れます。
帆船パレードの海上となる淡路島沖に向かいます。

DSC02364_convert_20170722075349.jpg

帆船パレードの会場まで1時間もありません。
急いでお昼ご飯を食べます。
海鮮丼です。さりげなく美味しい!
この印象が最後まで続きます。

DSC02370_convert_20170722044018.jpg
DSC02367_convert_20170722044332.jpgDSC02373_convert_20170722045154.jpg

11Fの前方デッキから観覧します。
神戸市は観覧のため、フェリーをチャーターしています。
前方の2隻は、六甲アイランドからの阪九フェリーです。
後方の1隻は、出港前、隣にいた赤い宮崎カーフェリーです。

「海王丸」
DSC02383_convert_20170722050516.jpg

「みらいへ」
DSC02385_convert_20170722050742.jpg

「パラダ」
DSC02387_convert_20170722051259.jpg

横からではメインマストが張られているのがわかりません。

DSC02401_convert_20170722055701.jpg


「Ami」
DSC02389_convert_20170722051614.jpg

「コリアナ」
DSC02391_convert_20170722051832.jpg

「日本丸」
DSC02392_convert_20170722052131.jpg

なぜか?「日本丸」は帆を張っていませんでした。
おばさんたちは、
「なんで帆を張らへんの?」
「魚の骨みたいや~」
と、関西弁で強烈に突っ込んでいました。

帆船は当初5kt程度のスピードを予想していたようです。
しかし、この日は風が吹いて実際には8~9ktで走ったため、
パレードの観覧は30分程度で終わりました。
もう少し近ければもう少し迫力があったかもしれません。

乗船後、数時間があわただしく過ぎていきました。
ここからは、ゆっくりと瀬戸内海のクルーズを楽しみます。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
帆船パレード、圧巻ですね!、(*^。^*)
それにしても、関西のおばちゃんのつっこみ、さすがですわ~!、
v-221
2017/07/23(日) 21:02:35 | URL | きぬえ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
実際には少し距離があります。
普段、狭い海峡の往来を見ているせいか、受ける印象はさりげないものです。
それでも実際に目にする帆走はもうないだろうなと思います。
2017/07/24(月) 05:51:50 | URL | takamuganba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック